あの花 第11話 むしろ綺麗にまとまり過ぎたくらいの最終回。

20110624_1.jpg
良い意味でも悪い意味でも。
そんな訳でやっぱり最後は忙しくなった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」第11話。



さて、予想通り花火でめんまは成仏しませんでしたが、本間家にとっては必要な事だったんだろうと。
めんまママも花火を見ている時は凄い顔をしてましたけど、その後はスッキリしたような表情でした。

で、超平和バスターズは反省会というかカミングアウト大会。あなるとゆきあつは言わんでも分かる。
つるこが嫉妬していたのはめんまじゃなくてあなるか・・・・・成程。ぽっぽの懺悔は予想通りだったな。

それにしてもぽっぽの中の人は迫真の演技だったね。演出と相まってなかなかの迫力を感じました。


前回見て超平和バスターズは1話でまとまるの無理だろ、と思ってたけどあっさり解決しちゃったな!
思いの丈をぶちまけたら賢者タイムに入っちゃったという事か。じんたん×ゆきあつの薄い本来るな。

めんまの本当の願いは予想してたじんたんと仲良く~とかではなくて「じんたんを泣かす事」でした。
泣かすというか溜まった想いを解放してやるというか。それは既に叶っているのでめんまは・・・・・と。

その願いで何故今頃になってめんまは現れたのか?っていうのはあるけど、まあ単純に話の都合か。


そして遂にめんまとのお別れの時。
お別れシーンはどういう演出にするのかというのが最後の注目点でしたけど、かくれんぼときたか。

過去回想でかくれんぼやってるシーンでもあれば(なかったよね?)違ったんですが結構唐突感が。
皆めんま大好きでまとめちゃったのもなあ。とらドラの時もそうだけど遠回りした割には・・・・・という。

まあ、見てる時は自分もめんまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!っていう感じだったので多くは言うまい(笑)。


最後にエピローグ。
あなるとじんたんのその後とかもっと見たかったけど尺もギリギリだったし、しょうがない所なのかな。

最後は駆け足気味でしたがそれなりにはまとまったし良かった。オリジナルものはやっぱり良いなあ。


お疲れ様でした!

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(36)

あの日見た花の名前は結局なんだったのか

めんまがみんなに見えるようになったのはご都合展開だけど
それでも、やっぱり感動的だったな。見ててよかったと思う。

とらドラの時もとか言ってるけど
とらドラは原作があるから

2ch評価は微妙みたいだけど
私は面白かった。
自分の感性大事よね。

またも感想早いw
良い最終回だった。

つるこが、ゆきあつが投げ捨てた(っぽい)髪飾り持ってた理由って出たっけ?
すくなくともそれ以外の伏線は回収できてると思う

近年なら傑作といってもいい

>じんたん×ゆきあつの薄い本

真っ先にめんまに変装したゆきあつとじんたんの絡みが浮かんだ…
ちょっと病院行ってくるわ

見るまでは、号泣するかなぁって思ってたら
意外とウルっと来た程度で終わって、ちょっと拍子抜け。

でもあの花の雰囲気とか切なさはたまらん。
最後のめんまの絵がいいよね!

まあ思ったよりテンプレ展開だったけど
ギスギスしたまま終わらなかったから良かった
あと1,2話使えたらもっと自然な形で纏められたかなって
感じはするが

めんまみてから涙腺崩壊余裕でした

めんまぁぁぁぁぁぁ!
にしてもホントに忙しかったなぁ、今回

めんまママはあれで満足なのか?

うるうるくらいだったけど、終盤のみんなのめんまに愛の告白からがやばかった

一話から毎週見てたけど、キャラクターが突然突拍子もないことをするから(細かな心理描写がないから)後半は飛ばしながら見てた。
最終回の演出、演技は良かったが、結局、ストーリーはなにがしたかったのだろう。感動も何もしなかった。あちこち中途半端だし・・・

じんたんの出席日数だとダブリ決定じゃないか?

久しぶりにアニメで大泣きしちゃった。。。
なので、本間家がどうとか急だったとか
そんなのどうでもよくなっちゃったよ…

あなるの毛がふさふさとかなんて俺得!!

あーだこーだどうでもいいんだ。
文句なんて何一つない作品だったよ。

びっち2人がいい奴だったwww
すでにでている薄い本でも、あなるは巻き込まれて大変なことになってるケースが多いのに。
その根本を崩すくらい悪い奴じゃなかったwww

最後の方は泣かそう泣かそうって意思がくどくて逆に醒めて見ていた
それを鑑みても面白い方の話だった

あとぽっぽの泣き演技はよかった

なんというか雰囲気アニメ。
結局メンマの願いはじんたん一人に対してのものだったと。
子供時代からギスギスしてたのはなんだかなあ。

>つるこが、ゆきあつが投げ捨てた(っぽい)髪飾り持ってた理由って出たっけ?

敵わない存在であるめんまに成れる・近づけるかも知れないと思った
てかこれ別に伏線でもない・・・


>結局、ストーリーはなにがしたかったのだろう
一話から見てて分からないなら無理ダナ

最後駆け足だったよな。
ご都合展開はあったけど、キレイにまとめて最後まで楽しめたので良い作品だった。

じんたん、めんま以外のキャラが過剰な演技というか、うるさいだけで、少しも泣けなかった。演出含めハードル上げた割に、つまらない最終回だった。前回まで楽しめただけに残念だなと個人的には感じた。

ロリめんまが可愛すぎるけど
これ、完全に娘としての可愛さだよな。
こんな素直で可愛い娘が欲しいものだ。

セックスアピール的には完全にあなるだよな。
一番の懸念はじんたんと結婚しちゃうと
「あなる」じゃなくなって、「やなる」になっちゃう。
そっちのほうが問題じゃね?

キャラクターが15~16歳ということを考えると、
声優の過剰な演技はわざとじゃないのか?

成人キャラなら興醒めだけど、
少年少女の感情の爆発としては充分ありだと思う。

結局じんたんの鼻血とは何だったのか……、思春期の性衝動でFA?じんたん病気何じゃ?とか言われてた時も有ったけど

過剰、ねぇ
俺はポッポの泣きながらのとこはこの作品でも屈指のシーンじゃないかとってぐらい刺さったよ。
この人の他のキャラも見てみたい!って思うぐらい。

レビューにもあるように、カクレンボにも伏線あったりしてたらもっと感動できたんだろうけどなぁ。
個々のキャラや作品の空気感は最高なんだけど、最後の最後だけが悔やまれる。ポッポの泣き懺悔に1話使って、最終話をもっとゆっくりじっくり書いてほしかったかな?

なんか微妙でした。
駄作ではないけど傑作でもない
そんな感じ

泣きの演出が直球過ぎて
普通な作品って印象だったよ、泣いちゃったけどw

以下、気になった点

ジンタンのTシャツは映像的なミスリード狙ってんのかと思ったら
→ ただの話題作りでした

周りの猛反対を押し切りアナルってあだ名をわざわざ使ったのは
→ ただの話題作りでした

秀才イケメンにまさかの女装癖
→ ただの話題作りでした

ヒロインキャラに援交を想起させる予告
→ ただの話題作りでした

ヒロインキャラに虐め想起させる予告
→ ただの話題作りでした

予告に騙されまくったよ

最後にみんなめんまを見れたのはよかった。
あれが無いと第三者から見ると
死んだ人間が見えるという教祖に集まったローカル宗教じゃないかって
疑いを捨てきれないまま見るの終えてしまうところだった。

AIRやクラナドと違ってキャラが痛くない分
共感しやすかったし良かった。

う~ん、正直、めんまが見える>超平和バスターズの真の復活よりも

自分的には前回の、めんま1家の和解と、ぱっぽの独白がハイライトでしたね。

じんたんが感情を余り表さないキャラという点をさり気なく強調し、めんまの目的の謎解きにもう1話掛けて欲しかったですね。

とは言え、1クール物としては十分満足できるレベルでした。

よかったけど、そこまで高評価ではないかな~
ってか、じんたんのドモリはよくなったのかな?
じんたんの父さんはどうしてハゲたのかな?

ユキアツアニメだったけど、ぽっぽが良キャラだったぐらいかな~

最近見だしたんだけど11話って中途半端な話数で終わるのは
打ち切りが製作が間に合わなかったか放送局側の都合か
なんかなんだろうか。
それとも製作当初から決まっていたんだろうか。

あの花はノイタミナだから全11話だよ。
ノイタミナはみんな11話。

今は11話で固定化しつつあるが
ノイタミナ始祖の「ハチクロ」なんかは24話と12話で見応えあったよ
原作モノではあるけどね
「あの花」は伸ばしても薄まらない内容なので倍の22話使う価値はあった
惜しかったなぁ

↑同意。
子ども時代がもっと描かれてたら、
あの過剰な泣きの演出でもマジ泣きできたかもしれない。

色々と内側に溜め込み、じんたんの調子が狂いだしてしまい
高校受験失敗→ひきこもりの流れなら、
この時期にめんまが現れたのは十分納得できると思う。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/71

トラックバック

» あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。11話(最終話) 「めんま、見つけた」(感想) from 失われた何か
ついに超平和バスターズは めんまを見つける事ができました。 本心を隠し、自分と向き合わなかった彼らが ようやく前を向いた事でめんまが見える。... 続きを読む

» あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(最終回) 「あの夏に咲く花」 from 空色きゃんでぃ
めーんまーのー最近はぁーどどすこ好き(ゝω・<♡>) 超平和バスターズはずっとなかよし。 ずっと6人で超平和バスターズ。 あの花... 続きを読む

» 超平和バスターズはずっとなかよし あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(最終話) 「あの夏に咲く花」 from soraの微妙な冒険
TVアニメ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(最終話)「あの夏に咲く花」 の感想。 脚本:岡田麿里 絵コンテ:長井龍雪 演出:長井龍雪... 続きを読む

» あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話「あの夏に咲く花」 from SERA@らくblog
見つかっちゃった…。 めんまは花火があがっても消えなかった。 お願いは花火ではなくて。 仁太はめんまが消えなかった理由を悟りますが…。  ▼ ... 続きを読む

» [終]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #11「あの夏に咲く花」感想 from サブカルなんて言わせない!
何故か成仏しないめんまその日の夜にめんま抜きで超平和バスターズで集合そしてそれぞれの想いをぶつけていきます醜い嫉妬や、めんまの死が離れられないとの事ぽっぽ... 続きを読む

» (アニメ感想) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話 「あの夏に咲く花」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2(完全生産限定版) [Blu-ray](2011/07/27)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る ●意... 続きを読む

» あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話 めんま、みーつけた!(^^) from めもり〜る〜む
■第11話 あの夏に咲く花 「あの花」も遂に最終回。 苦労して打ち上げた花火は結局めんまの願いではありませんでしたが、 それによって大反... 続きを読む

▲上に戻る