あの花 第5話 開き直った変態に怖いものなど無かった。

20110514_1.jpg
ある意味尊敬するメンタル。
そんな訳で女装で人生は終わらなかった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」第5話。



さて、女装バレしたゆきあつは果たしてどう出るのか、と思ったら半分勢いで乗り切りました(笑)。
過去回想の件は新事実ですが、あれでめんまの死は自分のせいだと思うのはちょっと厳しいな。

どちらかと言うとゆきあつが捨てたパッチンをつるこが持ってた方が伏線としては重要っぽい感じ。
ゆきあつとめんまの会話以降に超平和バスターズのそれぞれでめんまとの絡みがあったのかね。

ゆきあつとめんましか知らない情報をじんたんが受け取った事でめんま妄想の線は無くなったか。


というか本当にこの空気読めないテロップは・・・・・あなるのおっぱいを妨害するとか許さないよ!
アニメと別の話だけど地デジ完全移行したらデータ放送みたいに本放送と分離出来ないのかなあ。

話は戻ってゆきあつのその後ですが、つるこもそうですがそれ以上にゆきあつが落ち着いてるな。
まあ実際、閉鎖されたコミュニティの中でだけ女装バレしても大して影響は無いのかも知れない。

それにしてもゆきあつの行動力は凄いというか。女装だろうとストーキングだろうとバッチリだ(笑)。


どこまで本気かは分かりませんが、ゆきあつとあなるが付き合うのは良い考えと思ったんだよね。
あの面倒な女友達と縁を切るには結構有効だったと思う。そこまで考えていたのかは謎ですけど。

しかし結局学校ではぼっちになってしまうので、じんたんが登校して救済するしかないのかなあ。
じんたんはビッチとか言ってましたが、あなるは処女(誤解を招きそうな表現だ)だと分かったし!

ぽっぽの必死な言動からすると、やはり超平和バスターズそれぞれがめんまと何かあるのかね。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

▲上に戻る