Steins;Gate 第6話 しかし力を入れる所が読めないアニメだ・・・・・。

20110512_1.jpg
何故そこに?、みたいな。
そんな訳で今回は色々な意味で倫太郎のクオリティが高かったような感の「Steins;Gate」第6話。



さて、前回は妙に戦士モードですぐに臨戦態勢に移行していた鈴羽ですが、今回はおとなしめ。
未だにあのポーズからどんな技が繰り出されるのか気になってしょうがない。期待して良いのか?

で、今回は鈴羽の代わりに倫太郎がクオリティ高め。いやまあ別に高くなくてもところではあるが。
細かい所に力入れるよなあ・・・・まゆりの階段登りながらからあげの歌のシーンとか忘れられん。

紅莉栖がラボメンに加入してから、ぼちぼち仲間意識とか出て来てそうな所とかなかなか良いな。


倫太郎は相変わらずと言えば相変わらずですが、相変わらずでいられるのは果たしていつまでか。
というかいきなり夢の話に突入したのは何事かと思った(笑)。「CHAOS;HEAD」の妄想シーンかと。

IBN5100の事を知った後で萌郁の行動を考えると実に怪しいですが、倫太郎は特に何も気付かず。
敢えて厨二病を演じている人間は逆に厨二病な出来事にはとことん鈍くなるものなのかも知れん。

萌郁はあんまり良い印象がない(役割的に)キャラだけど、物語としてはかなり重要なんだよねえ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

▲上に戻る