電波女と青春男 第3話 電波からの脱却を目指し・・・・・てるのか?

20110501_1.jpg
何だろうこの違和感・・・・・。
そんな訳で違和感というか全体的に何かよく分からないものを感じる「電波女と青春男」第3話。



さて、前回では流子も前川さんも何か電波っぽいと思いましたが一応そうでもない・・・・・のかな?
電波より一段階下(当社比)の変人レベルって所か。それなりにまともな思考を持ってるようだし。

まあ、それを言うならエリオだって宇宙人に逃避してかぶいてるだけ、っていう感じでもありますが。
個人的に一番よく分からないのは主人公の真なんだよなあ。言い回しがいちいちクドいせいかな。

ちなみに女々さんの言ってた「個人を尊重」って、引き篭もりやニートを助長させる類のものだよね。


で、真が一念発起してエリオの宇宙人への逃避を止めさせようという流れはよく分かるんですが。
でもやっぱり自転車で下っていくシーンの真の語りがクドいっていうか喋り過ぎのような気がした。

ハルヒのキョンや化物語の暦の一人語りは気になりませんでしたが、真の一人語りは何かなあ?
これが入間人間作品と言われたらそれまでですが(笑)。今回で一巻終了だと思うので次に期待。

それと今期はもう諦めてますけど、一番良いシーンでテロップとか空気読んでくれよとつくづく思う。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

▲上に戻る